ブログトップ

344i

miyoshiai.exblog.jp

<   2008年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

レムレム

UTM関連で、このあいだ紙についてのレクチャーがあって、まあ版画科主催なのでテーマが「紙」だったんですけど、紙って平面作品やってるひとには最終的なアウトプットの場として欠かせないし、歴史も半端なく深いしで、結構良かった気がした。

何人かパネラーがいたんですが、その中でも特に興味深かったのがグラフィックデザインの視点から見た紙についての松下計先生の話。

グラフィックデザインってやっぱり最終的な形としてはポスターとかチラシとかの紙媒体で世間に機能するわけだけど、できあがった紙そのものを版画家のように作品として扱うわけではもちろんなくて、そこにいたるまでのプロセスとかコンセプトとか「情報」として目に見えないもののほうが重要なこととして扱われます。
パソコン文化が発達して、データの世界と印刷の世界がきっちり別れ始めて、デザイナーが印刷所に徹夜して付き添って版下をつくる、みたいなことがなくなってからはなおさら。
紙ありき、印刷ありき、というわけではないのです。

ただ、だったらデジタルデータは「紙」より優れているのか、というと必ずしもそうではない。

松下先生はここで建築家のレム・コールハースの例をあげます。
彼はロッテルダムにある設計事務所(OMA)の他にAMOという研究機関を持っていて、建築物をつくる際にはその建物がその土地と関わるうえで必要な情報を徹底的にリサーチするらしいんですが、依頼主側にプレゼンするとき、それらの情報を必ず紙に落としむんだそうです。
パワーポイントとか使うんじゃなくて、受け手が50人いれば50人分のがっちりした本をつくってどんと置くとのこと。
プレゼンそのものが作品としてオブジェとして提示される、ってことでしょうか。

「情報」において、速さと量はデジタルのほうが圧倒的に優勢で、質においては、まあ情報そのものとしての質がまず問われるんだろうけど、情報が媒体に現れるときの質、っていうものも人と人がいろんなことを共有する場合には重要になってくるのかもしれないですね。
だからいくらデジタルが発達しても紙の存在そのものが消えることはないのではないか、ということでした。

今はいろんな分野が特化しちゃって、みんなおのおの専門性は高いんだけど、いまいちお互いのことをわかっていない気がするので、こういう風にちょっとかぶってるところの話題は価値観がちがうのが明確にわかっておもしろい、気がする。
[PR]
by 344i | 2008-10-29 23:38 | 非news

ウィーン

大学にウィーンからの学生が遊びにきてます。
アストリードっていう女の子から、オーストリアで今熱い作家さんを教えてもらう。
tone finkっていうひと。

メディアを問わずいろんなことをやっていて、
シンプルなんだけど少し卑猥なオブジェがたまりません。
パフォーマンスもすごいす。

c0168876_15416.jpg

[PR]
by 344i | 2008-10-25 01:59 | 非news

オーストリア大使館にて2

c0168876_1425192.jpg

[PR]
by 344i | 2008-10-22 01:43 | news

オーストリア大使館にて

展示してます。
The university of Applied Arts Vienna and Tokyo University of the Arts Collaborative Project
「移行 umsteigen」
2008/10/21-2008/10/25 2pm-6pm
オーストリア大使館、オーストリア文化フォーラム
港区元麻布1-1-20

ウィーン応用芸術大学と東京芸術大学共同でつくった版画集の展示です。
昨日オープニングだったので、ウィーンからからはるばるやってきた学生さんたちとわいわいしました。
オーストリア大使館のギャラリー、とてもきれいな空間だったので、近くまで来た際は是非お立ち寄りくださいー。
c0168876_1351771.jpg


c0168876_1355070.jpg


c0168876_136963.jpg

[PR]
by 344i | 2008-10-22 01:40 | news

更新しました

もくじあたらしくしました
リンク増やしました。
344i.com
[PR]
by 344i | 2008-10-20 23:24 | news

浅草にて6

それぞれのデザインに行き着くまでの試作品。
c0168876_3561010.jpg

[PR]
by 344i | 2008-10-18 03:56 | news

浅草にて5

もらえるブックカバーは6種類です。
c0168876_3172172.jpg

[PR]
by 344i | 2008-10-18 03:17 | news

浅草にて4

凧。これは芸大製。
和紙は光に透ける。
c0168876_3153786.jpg

[PR]
by 344i | 2008-10-18 03:16 | news

浅草にて3

展示風景。(ブックカバーのセクション)
c0168876_3132579.jpg

[PR]
by 344i | 2008-10-18 03:14 | news

浅草にて2

凧とかも。
これはオーストラリアの美大のひとたちがつくったやつ。
やっぱり日本の学生とはなんとなく感覚が違う。
c0168876_363919.jpg

[PR]
by 344i | 2008-10-18 03:11 | news